名古屋城北ライオンズクラブ例会報告

 

バックナンバー

2009

12月

11月

10月

会報 2017-6 No.497

●P2  第1016回例会
●P3  第1017回例会

第1016回 平成29年6月13日(火)

場所 アパホテル名古屋錦
出席率 86.2%
ファイン・ドネーション ¥132,500

第1016回例会

 梅雨だと言うのに猛暑の6月第1例会、会長挨拶では、旬の話題「子パンダ誕生」の話から、会長の学生時代の思い出が語られました。また、三役も残任僅かという事もあり、今期大活躍された小川TT、大石LT、山口計画・西森PR各委員長に感謝の胡蝶蘭が贈られました。
 続いてL青地次期会長より、長野で開催された複合地区年次大会の報告が詳しくされました。なにげにキーワードは
「安全運転」。
 食事前のゲストスピーチは、社会福祉法人博愛会特別養護老人ホームゆのきがわ看護長名賀石志保様による「認知症の予防」についてのスピーチが行われ、メンバー一同、自分?や家族に置き換え、興味深々にて耳を傾けていました。特に予防におけるポイントは「熱中できる趣味を持つこと」「他人とのコミュニケーションをとり続けること」これらが重要であるということでした。
 食事後は幹事・委員会等の報告があり、残念ではありますが多くのメンバーの脱退や資格変更が報告されました。
しかし、新メンバーも入会することとなり喜ばしい話題もありました。
 いつもより終了時間の遅い例会ではありましたが、とても内容のある例会であったと思います。

998回例会写真

第1017回 平成29年6月27日(火)

出席率 82.8%
場所 アパホテル名古屋錦
ファイン・ドネーション ¥207,500

第1017回

 今期の最終例会を迎え、栽松会長は三好達治の詩を朗読され、最後に「わたしがあなたがみんなみんな天の秘蔵っ子」に、私自身も、そんなつもりで、ライオンズクラブの活動にこれからも邁進して行きたいと思っていますと、会長としての最後の挨拶を結ばれました。
 続いて、5年目ごとの皆出席者表彰と現・次期 役員のバッチの交換が行われた後、地区会計監査委員L祖父江朗、1RFWT委員L三輪美千代並びに幹事L浅田はじめ五役の退任挨拶が行われ、更に1000回例会実行委員長L木葉清則からも1000回例会の催しが無事に実行出来た事への感謝の挨拶がありました。時間の都合で運営・事業各委員長の挨拶は割愛され、会報掲載となりました。
 ひき続きゲストスピーカーの株式会社M&ABizの辻松律男氏から「次世代に向けたM&Aとは、企業存続へのヒントについて!」の講演を頂いた。辻松氏は自らが働いていた山一證券が破綻した体験をもとに「時代の流れに沿って成長するスピードについていくために、そして事業を存続し発展させる為の一つの方法としてM&Aを考える必要があると、実例をあげて話され、東京オリンピックが開催される時が大きな変化の一つの分岐点になるであろうと述べられました。

999回例会写真

TOPへ戻る